「有馬温泉 太閤の湯」2019年4月1日全面リフレッシュオープン!

全国から吟醸酒を蔵出し価格で楽しめるオールデイダイニング「花じゅらく」を新設

有馬温泉 太閤の湯

「有馬ビューホテルうらら(4月1日より「有馬きらり」に名称変更)」ならびに日帰り温浴施設「有馬温泉 太閤の湯」は、約10ヶ月の大規模躯体改修工事を終え、2019年4月1日(月)より「有馬温泉 太閤の湯」を全面リフレッシュオープンします。

「有馬温泉 太閤の湯」は2005年にリニューアルオープンしてから15年目を迎えます。この間、国内外の多くのお客様にご愛顧をいただき約450万人のご来館を数えようとしています。当初は安土桃山時代をテーマにした癒しと寛ぎを創出する温泉テーマパークとし、2014年の全面改装では健康増進や歴史探訪という観点から有馬地域のプレミアム外湯として進化しました。

オールデイダイニング「花じゅらく」を新設

花じゅらく

四季折々の有馬の自然の恵みを味わう和食レストランを全面改装し、店名も新たにオールデイダイニング「花じゅらく」に改めました。店内では日本酒の愛好家の方々にお楽しみいただけるよう全国から旬の吟醸酒を蔵出し価格(参考:獺祭大吟醸720MLを1,600円程度)で提供し、季節の八寸とお楽しみいただけるよう趣向を凝らしております。オープン記念キャンペーンとして、獺祭大吟醸をグラスで290円(税別 ※予定)で提供する等、全国から個性豊かな吟醸酒を取り寄せ、楽しんでいただく「花じゅらく吟醸酒フェア」を開催いたします。

有馬地域最大の露天風呂の新意匠

露天風呂

露天風呂エリアには、入浴しながら季節の移り変わりを感じていただける意匠を実現いたしました。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は柳と季節ごとの演出を天然木の人工植栽を温浴ゾーンで実現しました。また、関西では初の屋外型の岩盤浴ゾーンもリフレッシュし、爽やかな外気と岩盤浴を同時に楽しんでいただけます。


最終更新日
2019-03-26 11:00:00
情報提供元
ジョルダン