2020年7月9日、早雲山駅舎が全面リニューアルオープン!駅舎内には展望テラス・足湯も

駅舎内には展望テラス・足湯・ショップからなる新スポット「cu-mo(クーモ)箱根」が誕生

足湯から望む景色

箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗換駅である早雲山駅舎の全面リニューアルを完了し、2020年7月9日(木)から供用開始します。新駅舎は「交通結節点としての乗り換え機能強化」をテーマに、鋼索線(ケーブルカー)では日本初となる「昇降式ホーム柵」を乗降ホームに設置したほか、エスカレーターや多機能トイレの新設によるバリアフリー化を推進しました。また、授乳室や救護室を設置したほか、1階フロアに噴石対策を施したことで、大涌谷周辺で火山活動が活発化した際には一時避難施設として利用いただけるようになりました。さらに、「大自然が一望できる駅舎の稀有な立地特性」を活かして、駅舎2階部分には、展望テラス、足湯、ショップからなる新スポット「cu-mo(ク ー モ)箱根」がオープンします。展望テラスでは、新鮮な空気に触れながら、箱根外輪山や強羅の街並みに加え、相模湾までを一望いただけるほか、足湯では強羅温泉とともに、風景やここでしか味わうことができない飲食メニューをお楽しみいただけます。また、真っ白でユニークなポストを設置しており、ショップで購入いただいたポストカードに切手を貼って投函いただくと、大涌谷の風景印を捺してお届けするなど、ほかには無いコンテンツが揃っています。

リニューアルした早雲山駅舎

新スポット「cu-mo箱根」オープン

展望テラス・足湯
箱根外輪山や強羅の街並み、相模湾を一望できる「展望テラス」と、どなたでも無料で利用いただける強羅温泉を使用した「足湯」が誕生します
<展望テラス開放時間>9:00~17:00
<足湯利用時間>9:00~16:00


最終更新日
2020-07-09 16:10:00
情報提供元
ジョルダン