いよいよ来週12月28日より!おもてなしライトアップ~竹あかりで府中のお正月~

竹あかりで府中のお正月
竹あかりで府中のお正月

古くから府中では、くらやみ祭のお祓いや正月の門松などに「竹」が使用されています。

府中の伝統や習慣と深く関わりがある「竹」を使った竹あかりを、今年も府中スカイナードと けやき並木通り周辺に設置し、 お正月のおもてなしライトアップを行います。ぜひご覧ください!

府中駅前けやき並木通りの様子
府中駅前けやき並木通りの様子

点灯について

点灯期間
令和5年12月28日(木)~令和6年2月4日(日)
点灯時間
16時30分~24時00分
※12月28日~1月3日の間は、16時30分~翌朝6時まで点灯します。(例:1月3日16時30分~1月4日6時まで)
※点灯時間は予告なく変更する場合があります。
点灯場所
府中スカイナード、けやき並木通り
(京王線府中駅すぐ)

昨年の様子はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=I8wMHiGmc5s

府中と竹の不思議な関係

府中では昔から、くらやみ祭のおはらいや正月の飾りに「竹」を使用してきました。これは、大國魂神社に伝わる「七不思議」の一つ「境内に松の木なし」に由来しています。境内には松の木が一本もなく、また植樹してもすぐに枯れてしまうといわれています。

これは神様がまだ現世の神として散歩しているときの話です。

大国様と八幡様が、「どうだい、大国さん、2人で武蔵野の野原に行こう」ということで出かけたものの暗くなっても宿が見当たりません。そのうち八幡様は「ここで待っていろ、俺が宿を捜してくる」と言って出かけましたが帰ってみえません。待ちぼうけをうけた大国様は、「まつはういものつらいもの」「まつは大嫌いだ、まつのはいやだ」と言われたそうです。

ここから、大國魂神社では「待つ」を「松」にたとえて、植物の松を嫌うようになったのだと言い、今でも境内には松の木は一本もなく、植えてもすぐに枯れてしまうと言われています。

また、府中では正月の門松にも松を使わない習慣が残っています。

引用:大國魂神社の七不思議について

問い合わせ

まちづくり府中 TEL 042-370-1960 (平日9:00~17:30)

主催:府中市、まちづくり府中
後援:むさし府中商工会議所、府中観光協会


最終更新日
2023-12-26 16:30:00
情報提供元
ジョルダン(引用元