大阪万博跡地のEXPOCITYの大観覧車にシーズン限定「桜(SAKURA)ゴンドラ」登場!

Redhorse OSAKA WHEELの日本一の高さから、万博記念公園の桜まつりの景色も一望しよう。

大阪万博跡地のEXPOCITYのランドマークとして誕生した日本一の高さ(123m)を誇る大観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカホイール)」では、春の桜のシーズンに合わせて桜(SAKURA)特別仕様ゴンドラが登場しました。

Redhorse OSAKA WHEEL

総数72基あるゴンドラのうち10基が、外観とベンチシートに桜デザインのシール装飾が施され、「桜(SAKURA)ゴンドラ」として特別仕様にグレートアップしております。また、お手持ちのスマートフォンをゴンドラ内に設置されたARマーカーにかざすと、まるで満開の桜に囲まれたかのような記念撮影ができるオリジナルフォトフレームもGETできます。更に日没後には夜景を彩る春限定カラーのLEDも点灯します。

さRedhorse OSAKA WHEEL2

隣接する万博記念公園の桜まつりの期間(3月下旬~4月上旬)は、普段は見上げる桜の景色を、日本一の観覧車の上空から見下ろしていただくこともできます。「桜(SAKURA)ゴンドラ」の運行は4月7日(日)までです。

Redhorse OSAKA WHEEL3

「桜(SAKURA)ゴンドラ」詳細

運行期間:2019年2月23日(土)~4月7日(日)
※LEDでの照明演出は日没後スタートとなります。
※隣接する万博記念公園「桜まつり」開催日ではございません。お間違えのないようご注意ください。
利用料金:通常料金1,000円(税込)にてご乗車頂けます。※4歳未満無料

詳しくはレッドホース オオサカホイールホームページにてご確認ください。


最終更新日
2019-02-25 14:00:00
情報提供元
ジョルダン