神戸ルミナリエ中止に伴う代替の取組

阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継ぐとともに、今年度中止となった神戸ルミナリエの次回開催への期待をこめ次の取組を実施します。

期間
令和2年12月4日(金)~12月13日(日) 10日間

実施内容

①映像の配信

過去の神戸ルミナリエ作品などを編集した映像を放映し、屋外ビジョンでは復興への願いを込めた曲「しあわせ運べるように」をBGMに挿入します。

なお、神戸ルミナリエの公式HP、神戸公式観光サイト「Feel KOBE」、兵庫県公式観光サイト「HYOGO!ナビ」でも同様の映像を配信予定です。

<屋外ビジョン>

場所:MINTビジョン、クモイビジョン、さんちかビジョン、三宮センター街BOS、ハーバービュー、神戸空港ディスプレイ

<デジタルサイネージ>

場所:各鉄道三宮駅他(予定)

※デジタルサイネージ設置場所により掲出期間が異なることがあります。

なお、神戸ルミナリエを特集したテレビ番組「私と神戸ルミナリエ」をサンテレビにて12月13日 19:00~19:30 に放送予定。

②光の装飾 ~想いをつなぐために~

東遊園地に神戸ルミナリエ作品「カッサアルモニカ」を設置するとともに、「1.17 希望の灯り」及び周辺樹木に光の装飾を施します。

<点灯時間>

薄暮前~21 時まで

※東遊園地に混雑が生じ、会場内の密度が一定程度を超える場合は消灯予定時間より前に作品を消灯する場合がございます。

カッサアルモニカ

ルミナリエ作品のうち、主に広場に設置されるもので第 10 回神戸ルミナリエ開催時にイタリアより寄贈された。毎年作品群を構成する一つとして全体のデザインに組み込まれている。

(高さ約 11m、直径約 7.6m)

新型コロナウイルス感染防止対策

来場者の滞留の抑止・会場の過密回避のために以下の対策を講じ実施いたします。

  • 開会等のセレモニーやコンサートなどは行いません。
  • 物販や飲食物提供等のブース展開は行いません。
  • 点灯時の混雑を避けるために点灯時間は定めず、毎日薄暮前に点灯します。
  • 会場内に制服警備員を配置して滞留者を誘導するとともに、混雑状況を常時把握します。
  • 関係者は全てマスクを着用するとともに、来場者にはマスク着用協力を依頼します。
  • 募金の呼びかけ及び会場内に募金箱は設置しません。

安全対策

来場者の安全確保のため、警察等と協議の上、自主警備実施計画を策定し、実施いたします。なお、例年神戸ルミナリエで実施しているような交通規制、来場者導線の構築等は実施いたしません。

ご来場いただく皆様へ

本事業ではご来場いただく一人ひとりができる感染症対策(ご来場前の検温、マスク着用、会話は控えめに等)にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

主催
神戸ルミナリエ組織委員会(兵庫県/神戸市/神戸商工会議所/公益社団法人ひょうご観光本部/一般財団法人神戸観光局)

詳しい情報は神戸ルミナリエホームページにてご確認ください。

©Valerio Festi/I&F Inc./Kobe Luminarie O.C. 1995~2010
©Kobe Luminarie O.C. 2011~2019


最終更新日
2020-11-27 11:10:00
情報提供元
ジョルダン