退蔵院の桜

たいぞういんのさくら

紅しだれ桜で有名。妙心寺の塔頭(たっちゅう)の一つ

1404年(応永11年)に創建された。方丈の西庭の枯山水「元信の庭」は、狩野元信の作庭として有名で見ごたえがある。方丈には水墨画の祖といわれる如拙(じょせつ)が描いた名作『瓢鮎(ひょうねん)図』(国宝・模写されたもの。実物は京都国立博物館に常設展示)も所蔵している。また、方丈の南側「余香園(よこうえん)」では水琴窟が音を響かせている。紅しだれ桜が有名です。

※2021年は状況により変更・中止となる場合がございます。公式ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

退蔵院の桜写真1

桜の見頃・本数

例年の見頃
3月下旬~4月上旬

アクセス・周辺地図

場所
京都府京都市右京区花園妙心寺町35

退蔵院周辺天気・おすすめ服装

退蔵院周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。お出かけの際のおすすめの服装もご案内しています。

交通アクセス

公共交通機関で

JR花園駅より徒歩8分

料金

拝観料一般600円、小中学生300円。小学生未満の幼児は無料、但し保護者同伴に限る

詳しい情報は退蔵院 075-463-2855または退蔵院 京都 妙心寺ホームページにてご確認ください。

退蔵院へお花見に行った感想・クチコミ

退蔵院での開花情報、穴場情報、みどころなど「お花見クチコミ」を募集しています。あなたのお花見クチコミお待ちしております!

お花見投稿写真

退蔵院の桜の風景や、思い出に残るお花見の写真を、こちらで募集しております。あなたのお花見投稿写真をお待ちしております!

広告を非表示にするには