外国人から人気高い観光地は、東福寺・神宮外苑!11月は紅葉名所への関心が高まる。検索トレンド調査発表

アウンコンサルティング株式会社は、昨年のデータから今年11月の訪日客の検索トレンドを予測するため、世界12カ国を対象に2018年11月の日本国内の200以上の観光地における検索数を調査し、ランキングを作成しました。※世界12カ国には国と地域を含みます。

東福寺
東福寺

11月は紅葉名所が多数ランクイン

2018年の1年間で11月に検索数のピークを迎える観光地を国別にランキングにしました。11月になると、紅葉名所の検索数が増える国が多く、インドネシア以外のすべての国と地域で紅葉名所がランクインしていました。中でも台湾・香港・タイは、トップ10位の中に紅葉名所が5つ以上ランクインしており、関心が高い結果となりました。

神宮外苑いちょう並木
神宮外苑いちょう並木

紅葉名所として需要の高い観光地は「東福寺」「神宮外苑」

台湾・香港・タイを対象に【東福寺】、台湾・香港を対象に【神宮外苑】【六義園】の2017年1月から2019年8月までの検索数をグラフ化すると、グラフから、【東福寺】や【神宮外苑】は11月に検索数のピークを迎えており、紅葉名所としての需要が高いことがわかります。 東福寺は世界最古にして最大の伽藍を有しており、京都屈指の紅葉名所で、紅葉は11月下旬から12月上旬が見ごろとされています。 また、3つの観光地の特徴として東京や京都など、主要観光地に属しており、他の観光地からのアクセスがいいことが挙げられます。 なお、六義園に関しては11月以外に3月にも検索数が上昇していることから、花見の名所としての需要もあることがわかります。

調査結果の詳細は下記をご確認ください。
https://www.globalmarketingchannel.com/press/survey20191008

【調査主旨】
【 2018年11月の検索トレンド調査と2019年の予測 】
11月は紅葉名所への関心が高まる
外国人からの需要の高い観光地は「東福寺」「神宮外苑」
【調査要綱】
調査日:2019年9月15日 ~ 2019年10月4日
調査対象時期:2017年1月~2019年8月
『アウンコンサルティング調べ』


最終更新日
2019-10-10 11:00:00
情報提供元
ジョルダン