紅葉の名所人気ランキング

当サイトのアクセス数をもとにした「紅葉の名所人気ランキング」。注目度が高い紅葉スポットはどこだ!?県別人気ランキングもあります。

1位 明治神宮外苑いちょう並木(東京)

明治神宮外苑いちょう並木

青山通りから聖徳記念絵画館に向かって続く、有名な並木道。146本のイチョウが植えられ、秋には黄金色のトンネルとなり美しい。青山という場所柄もあって、その眺めは都会的でおしゃれだ。

見頃:11月中旬~12月上旬
場所:東京都港区北青山2
アクセス:JR総武線信濃町駅から徒歩10分

2位 太原のイチョウ(福岡)

太原のイチョウ

太原地区のブドウ園に100本以上のイチョウ林が広がります。紅葉の時期には多くの観光客でにぎわいます。2023年はイチョウの養生のため、観覧期間を設置しています(2023年11月15日(水)~11月26日(日))。

見頃:11月中旬~11月下旬
場所:福岡県八女郡広川町久泉1029
アクセス:西鉄バス川瀬バス停下車、タクシーで5分

3位 嵯峨野トロッコ列車(京都)

嵯峨野トロッコ列車

京都の秋の風物詩の一つである保津峡の紅葉。それをゆったりと楽しむことができるのが嵯峨野トロッコ列車です。片道7.3km、約25分の道のりでは保津峡の渓谷美を堪能できます。ビュースポット近くでは速度を落とした運行も。今しか見られない景色をおさめましょう。

見頃:11月中旬~12月上旬
場所:京都府京都市・トロッコ嵯峨駅~亀岡市トロッコ亀岡駅
アクセス:JR京都駅から約15分で嵯峨嵐山駅へ、そこから徒歩1分でトロッコ嵯峨駅に到着。

4位 マキノ高原 メタセコイア並木(滋賀)

マキノ高原 メタセコイア並木

マキノ高原(マキノスキー場)へのアプローチ道として、メタセコイアの並木の紅葉とまっすぐに伸びる道路の景観が美しい。1994年、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」にも選定されている。

見頃:11月中旬~11月下旬
場所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野マキノピックランド縦貫
アクセス:JR湖西線「マキノ駅」からタクシーで約20分、または市バス牧之原高原線マキノピックランド下車すぐ

5位 香嵐渓(愛知)

香嵐渓

山全体が約4000本ものモミジで覆われ、水面を紅一色に染め上げる。香積寺11世の三栄和尚が、般若心経を一巻読み上げるごとにモミジを一本ずつ植えたのが始まりといわれる。夜間にライトアップされたモミジは幻想的な美しさを醸し出す。

見頃:11月中旬~11月下旬
場所:愛知県豊田市足助町飯盛
アクセス:名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバスさなげ・足助線で57分、香嵐渓下車すぐ(11月中旬~下旬は愛知環状鉄道八草駅から香嵐渓直行バスを運行)

以降のランキング

このほかにも、国指定天然記念物でもある色鮮やかな境内林「平林寺(金鳳山 平林禅寺)」など人気の紅葉スポットはたくさん!地図・交通アクセスなどチェックして紅葉を見にに出かけよう!

ランキング集計期間:2022年7月1日~2022年12月31日までのアクセス数
最終更新日時:2023-12-01 11:44:31