太宰府天満宮の初詣情報

だざいふてんまんぐう

菅原道真公が失意のうちに果てた地は、今や受験生の聖地

学問の神様として崇められている全国の天満宮の総本宮といわれる。天然記念物の樟の老樹に守られた御本殿は天正19(1591)年に造られたもので、華麗な桃山様式を伝える。道真公を慕って京から一夜にして飛んできたと伝えられる飛梅は、境内に6000本ある梅のトップを切って1月初旬につぼみがほころびはじめる。三が日の参拝者数は200万人以上にのぼり、正月4日には宮大工の仕事始めの儀式「斧始祭」、7日には木彫りのウソ鳥を交換し合う「鷽替え」、その夜には煙と炎に包まれる勇壮な「鬼すべ」の神事が行われる。

太宰府天満宮の写真1
太宰府天満宮の写真2
例年の人出
200万人以上
人出ランキング
人気度
福岡県内で6位
人気ランキング

新春イベント情報

  • 2020年1月4日 9:30 斧始祭
  • 2020年1月7日 18:00 鷽替え神事、19:00頃 鬼すべ神事

太宰府天満宮の地図・アクセス

場所
福岡県太宰府市宰府4-7-1 太宰府天満宮

交通アクセス

公共交通機関で

西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分

お車でお越しの方

九州自動車道太宰府ICから国道3号・県道112号・76号を経由し、県道35号を太宰府方面へ車で5km。<有料>駐車場あり(1500台)。1回500円、周辺で交通規制あり。


詳しい情報は太宰府天満宮(092-922-8225)または太宰府天満宮ホームページにてご確認ください。

太宰府天満宮の写真3

太宰府天満宮の初詣クチコミ

総合評価:4.6点★★★★☆(5件)

「法学部生」さんからの投稿

評価
投稿日
2018-12-21

基本的に電車バス利用推奨 渋滞のない電車利用が理想的 なお バスの抜け道としては JR香椎線宇美駅から徒歩で宇美町役場入口バス停から大宰府駅へ抜けるバスがある 時刻表は確認の必要あり 大宰府駅から宇美駅へ抜けて香椎線利用は比較的混雑しない模様

「ぐっさん」さんからの投稿

評価
投稿日
2017-01-02

交通規制が若干厳しめですが、ナビに任せて裏道に行く方が渋滞多いようです。普通に大駐車場に向かった方がいいと思われ。


クチコミを投稿する

太宰府天満宮に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

情報提供:株式会社昭文社
最終更新日時:2019-12-03 15:45:18

広告を非表示にするには