豊橋祇園祭

とよはしぎおんまつり

  • 川の花火
  • 県内8位

戦国時代から続く伝統花火が、夜空に一気に噴き上がる

豊橋の手筒花火のルーツは戦国時代。今川義元の吉田城代・大原肥前守が手筒花火を吉田神社に奉納したことに始まる。五穀豊穣、無病息災を祈るためといわれているが、若者たちの度胸試しにもなっていたようだ。轟音とともにオレンジ色の火の粉が10mもの高さまで噴き上がるさまは迫力満点で、雨のようにふりしきる火の粉の中、仁王立ちの祭男たちが筒を抱える姿は勇壮かつ豪快だ。本年は7月21日に手筒花火が行われ、翌22日には吉田神社裏手の豊川河畔で打上げ花火が上がる。スターマイン・金魚花火など、色と光と音と煙の競演を楽しみたい。祭りは23日まで続き、頼朝行列などが行われる。

豊橋祇園祭写真1
豊橋祇園祭写真2

豊橋祇園祭は愛知県内8位の人気の高い花火大会です。

花火打上情報

花火打上日
2017年7月21日・22日(豊橋祇園祭は7月23日まで)※雨天時:21日は雨天決行、22日は小雨決行、荒天の場合は23日に順延、その後は中止
週間天気を調べる
打上時刻
18:30~※21日
打上数
1万2000発(22日)
打上数ランキング
例年の人出
10万人(祭り全体で)
人出数ランキング
人気度
愛知県内で8位
花火人気ランキング

※トイレは約50ヶ所。

有料桟敷席あり(豊橋祇園祭奉賛会まで要問合せ)。詳しいお問合せは豊橋祇園祭奉賛会(0532-53-5528)または豊橋祇園祭・豊橋祇園祭奉賛会ホームページにてご確認ください。

会場へのアクセス・周辺地図

場所
愛知県豊橋市関屋町 吉田神社境内(21日)、豊川河畔 吉田大橋~豊橋間(22日)

豊橋鉄道東田線札木電停から徒歩5分


お車でお越しの方

東名高速道路豊川ICから国道151号を経由し、国道1号を豊橋市役所方面へ車で10km。駐車場あり。近隣に有料駐車場あり、料金は駐車場により異なる。当日はすぐ満車になるので公共交通機関の利用をおすすめ。

※会場周辺の交通規制:あり(吉田神社周辺)

豊橋祇園祭の写真3

豊橋祇園祭のクチコミ

総合評価:4.73点★★★★☆(11件)

「花火好き」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-08-11

スポンサー毎に構成を凝らした花火なので、最後まで飽きずに観れます。
協賛金をひとまとめにした、乱れ撃ちの花火と違ってスポンサーごとの特色があって楽しいです

「としえ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-08-04

自宅から、豊橋祇園祭りの打ち上げ花火見れます。バーベキューしながらバックに花火。
それだけで夏の演出になります。桟敷で見るのは、それはまた格別でした。花火を浴びるようでした。


クチコミを投稿する

花火大会を見た感想や大会の混雑情報、評判、オススメの穴場情報その他「花火大会のクチコミ」を募集しています。あなたの花火大会クチコミお待ちしております!

花火大会の投稿写真

豊橋祇園祭の様子など「思い出に残る花火・夏の写真」を、こちらで募集しております。もちろん他の花火や夏祭りの写真も可!たくさんの投稿お待ちしております!

最終更新日時:2017-09-11 10:26:46