日枝神社(東京都)の初詣情報

ひえじんじゃとうきょうと

  • 都内12位
  • 厄除
  • 駅近

江戸城の鎮守として徳川家の崇敬を集めた「山王さん」

鎌倉時代初期、武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が山王社を祀り、文明10(1478)年、太田道灌が江戸築城にあたり川越山王社を再勧請した。社殿は昭和20(1945)年5月に焼失し、戦後に再建された。笠木の上に合掌のような破風が付いた山王鳥居は、大山咋神を祀った神社特有の形。神門と拝殿前に夫婦猿の像が安置されていて、雌猿は赤子を抱いている。猿は日枝大神の使いとされ、神猿(まさる)=魔が去るの意から魔除け、厄除けや、群れで子供を育てる習性から家門繁栄にもつながるといわれている。

日枝神社(東京都)の写真1
例年の人出
約25万人
人出ランキング
人気度
東京都内で12位
人気ランキング

新春イベント情報

  • 2018年1月1日 8:00 歳旦祭
  • 2018年1月3日 10:00 元始祭

日枝神社(東京都)の地図・アクセス

場所
東京都千代田区 永田町2-10-5
参拝時間
開門時間1月1日0:00~19:00、1月2日~5日6:00~18:00、1月6日以降6:00~17:00※予定

交通アクセス

公共交通機関で

地下鉄溜池山王駅から徒歩5分

お車でお越しの方

首都高速都心環状線霞が関出口から車ですぐ。<無料>駐車場あり(40台)。


詳しい情報は日枝神社(03-3581-2471)または日枝神社ホームページにてご確認ください。

日枝神社(東京都)の初詣クチコミ

総合評価:4.25点★★★★☆(4件)

「よしこちゃん」さんからの投稿

評価
投稿日
2016-01-05

1月4日に行きましたが、とても賑わっていました。参拝は、30分程かかりました。 ただ、お正月よりは空いていると思うので、平日はお勧めですね! 私は妊活中の為、子供を抱いた雌猿さんを撫でてきました。ほっこりしましたよ☆ 御守りは種類豊富で、ゆっくり選んで購入しました。 駅近ですから、ぜひ一度、参拝してみて下さい。

「るり」さんからの投稿

評価
投稿日
2012-12-19

初詣はかなり混みます。正月以外は境内の空気がとても澄んでいます。おさるさんの置物のおみやげがありましたので、その意味を巫女さんに聞いてみましたら、巫女さんは大真面目に「魔除けです。」。もっとも、立身出世を狙う心悪しき奴も同時期に来ていたらしく、当時は魔除けが効きませんでした。この神社に参拝すると、とんでもなく勉強させられますので、東京気取りをしたいブランドやマダム志向の「おのぼりさん」には全く不向きです。頑張りたい人には後押しをしてくれます。


クチコミを投稿する

日枝神社(東京都)に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

最終更新日時:2017-12-05 11:57:42