極楽山西方寺(定義如来)の初詣情報

ごくらくざんさいほうじじょうぎにょらい

縁結びで有名な「じょうぎさん」は、平家ゆかりの宝軸が御本尊

古くから縁結び・子授け・安産の定義如来として信仰を集めてきた浄土宗の古刹。その由来は、病にかかって死期を悟った平重盛が、中国伝来の阿弥陀如来の宝軸を老臣の平貞能(後に定義と改名)に託し、平家滅亡後、貞能がこの地に安置したものとされる。境内には、貞能の菩提を弔う総青森ヒバ造りの五重塔、子育て観音、六角形の本堂などがあり、旧盆の夜にはロウソクで埋め尽くされ幻想的な雰囲気に。元旦は、0:10からの一番祈祷に始まり、1:30から16:30まで祈祷が行われ大勢の参拝客が訪れる。

極楽山西方寺(定義如来)の写真1
極楽山西方寺(定義如来)の写真2
例年の人出
約4万5000人
人出ランキング
人気度
宮城県内で4位
人気ランキング

新春イベント情報

  • 2022年1月1日 0:10~ 一番祈祷、1:30~16:30 元旦祈祷(要問合せ)
  • 2022年1月2日~5日 8:00~15:30 正月祈祷(要問合せ)
  • 2022年1月7日 開山記念日

極楽山西方寺(定義如来)の地図・アクセス

場所
宮城県仙台市青葉区大倉上下1 極楽山西方寺(定義如来)

交通アクセス

公共交通機関で

JR仙台駅から仙台市営バス定義行きで1時間30分、終点下車すぐ

お車でお越しの方

東北自動車道仙台宮城ICから国道48号・県道263号を経由し、県道55号を定義方面へ車で23km。<無料>駐車場あり(700台)。


詳しい情報は極楽山西方寺(022-393-2011)または定義如来 西方寺ホームページにてご確認ください。

極楽山西方寺(定義如来)の写真3

極楽山西方寺(定義如来)の初詣クチコミ

総合評価:4.4点★★★★☆(5件)

「なな」さんからの投稿

評価
投稿日
2021-12-13

私には15年前事故で亡くした息子がいました。息子の供養にと初めて伺った時、西方寺の清々しい雰囲気が大好きになりました。落ち込んだ時や悩んだ時、隣県から何度か通っています。お寺を案内して下さる僧侶の方も爽やかなイケメンですっかり西方寺さんのファンです。今年和尚様にお寺を案内して頂いている時、2匹の黄色の蝶々がずっと私の周りにまとわりつくようにヒラヒラヒラヒラヒラとずっと舞っていました。私には流産した子供も一人いるので、「あの二人が蝶々になって今一緒に和尚様の話聴いてるんだなぁ。」と思ったらとっても温かい気持ちになり救われました。あの日以来、なぜか穏やかな毎日なんです。また気持ちが沈んだ時、西方寺さんに伺いたいと思っています。有難うございました。

「おもち」さんからの投稿

評価
投稿日
2018-12-31

今年の2月に妊娠しましたが、わずか1ヶ月弱で流産してしまいました。 流産発覚から3週間、なかなか出てきてくれず供養を兼ねて訪れました。 なんと、その日の夜に腹痛→緊急入院。手術する事なく自然とお空へと飛び立ってくれました。 そして現在、新たな命を宿し7ヶ月。 今度は報告と安産祈願で訪れようと思います。


クチコミを投稿する

極楽山西方寺(定義如来)に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

広告を非表示にするには