瑞巌寺の初詣情報

ずいがんじ

伊達政宗の菩提を弔う奥州随一の禅寺。参拝後は海からのご来光を

天長5(828)年、慈覚大師の創建と伝える古刹。慶長14(1609)年に伊達政宗により再建された。本堂の用材は、紀州で伐採し海上を運ばせたもの。白壁に木組みが美しい庫裡は禅宗寺院の台所である。大晦日の21:00から翌日の明け方にかけ、僧が鈴を振り般若心経を唱えて町中を練り歩く火鈴様(こうりんさま)が行われる。その鈴の音を聞かずに年を越すと病気になり、その姿を見ると目が潰れるという。

瑞巌寺の写真1
写真:瑞巌寺所有
例年の人出
約5000人
人出ランキング
人気度
宮城県内で6位
人気ランキング

瑞巌寺の地図・アクセス

場所
宮城県宮城郡松島町松島町内91 瑞巌寺
参拝時間
開門時間12月31日21:00~1月1日4:00頃、1月1日~31日8:00~15:30(※季節により閉門時間は異なる)

交通アクセス

公共交通機関で

JR仙石線松島海岸駅から徒歩10分

お車でお越しの方

駐車場はなし。


料金

拝観料大人700円・小人400円。詳しい情報は瑞巌寺(022-354-2023)または瑞巌寺ホームページにてご確認ください。

瑞巌寺の初詣クチコミ

瑞巌寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

広告を非表示にするには