熊野大社(山形県)の初詣情報

くまのたいしゃやまがたけん

東北随一の歴史と規模を持つ日本三熊野の一つ

創建の年代は不明だが、古文書には平城天皇の勅命により大同元(806)年再建と記されている。その後、伊達氏、上杉氏などの歴代領主の保護を受け現在に至る。大社には、平安時代の本尊仏、鎌倉時代の羅陵王の面、室町時代の獅子頭など、各時代にわたる文化財が残され、境内には、源義家の命を受け植えられたと伝わる樹齢約900年の大銀杏もある。元旦には歳旦祭が行われ、大勢の参拝客が訪れる。また1月から3月までの土・日曜には太々神楽の奉納がある。

熊野大社(山形県)の写真1
熊野大社(山形県)の写真2
例年の人出
約6万人
人出ランキング
人気度
山形県内で2位
人気ランキング

新春イベント情報

  • 2022年1月~3月の土・日曜 太々神楽奉納
  • 2022年1月1日 歳旦祭

熊野大社(山形県)の地図・アクセス

場所
山形県南陽市宮内3707-1 熊野大社(山形県)
参拝時間
参拝時間1月1日0:00~17:00(※時間外は要問合せ)

交通アクセス

公共交通機関で

山形鉄道宮内駅から徒歩15分

お車でお越しの方

東北中央自動車道南陽高畠ICから国道113号を宮内方面へ車で8km。<無料>駐車場あり(40台)。12月31日~1月1日は交通規制あり。


詳しい情報は熊野大社(0238-47-7777)または熊野大社ホームページにてご確認ください。

熊野大社(山形県)の初詣クチコミ

熊野大社(山形県)に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

広告を非表示にするには