頭之宮四方神社の初詣情報

こうべのみやよもうじんじゃ

日本で唯一の「あたまの宮さん」

「あたまの宮さん」と親しく呼ばれる頭之宮四方神社は、建久2(1191)年平安末期の創建と伝えられ、御祭神の第50代桓武天皇の後裔(子孫)唐橋中将光盛卿の髑髏をお祀りしていることから、「頭の守護神」「知恵の大神」として各地より崇敬を集める。その名の通り、特に首より上部に関するお祈りをすると、神様の御神助がいただけると言い伝えられている。御神徳は、頭の病気・ケガの快復・認知症予防・厄除・八方除・各種試験合格・学力向上・招財経営(商売繁昌)など。古来より多くの御神徳を求めて、全国各地より多くの参拝がある。

頭之宮四方神社の写真1
頭之宮四方神社の写真2
例年の人出
約5万人
人出ランキング
人気度
三重県内で5位
人気ランキング

新春イベント情報

  • 2022年1月1日 頭之福餅(こうべのふくもち)の授与(無料、数に限りあり)

頭之宮四方神社の地図・アクセス

場所
三重県度会郡大紀町大内山3314-2 頭之宮四方神社

交通アクセス

公共交通機関で

JR紀勢本線大内山駅から徒歩10分

お車でお越しの方

紀勢自動車道紀勢大内山ICから国道42号を尾鷲方面へ車で2km。<無料>駐車場あり(300台)。


詳しい情報は頭之宮四方神社(0598-72-2316)または頭之宮四方神社ホームページにてご確認ください。

頭之宮四方神社の写真3
頭之宮四方神社の写真4

頭之宮四方神社の初詣クチコミ

頭之宮四方神社に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

広告を非表示にするには