法隆寺の初詣情報

ほうりゅうじ

  • 県内6位

世界最古の仏教木造建築物群

推古15年、聖徳太子と推古天皇により創建されたと伝わる。「日本書紀」には、天智9年(670)に伽藍を焼失したとの記述があり、8世紀初頭に現伽藍が完成したと考えられる。兵火や天災にはあわず、太子信仰に守られたこともあって、世界最古の木造建築群として往時の姿を今に伝えている。 参道は松並木になっており、参道を抜けたところに南大門(国宝)がある。境内は西院と東院に大きく分かれ、国宝・重要文化財の建築物だけでも55棟に及ぶ。全体は大垣(重要文化財)と呼ばれる築地塀に囲まれている。この寺は法隆寺式伽藍配置と呼ばれる配置になっており、寺の中心である西院には、五重塔(国宝)と金堂(国宝)が並び、中門(国宝)と大講堂(国宝)をつないで回廊(国宝)が囲む。東に向かって東大門(国宝)を抜けたところに夢殿(国宝)のある東院が広がる。また、建造物以外にも優れた仏教美術品を多数所蔵しており、その数は国宝だけで115点重要文化財では1960点にもなる。法隆寺地域の仏教建造物として、平成5年、世界遺産に登録された。

法隆寺の写真1
人気度
奈良県内で6位
人気ランキング

法隆寺の地図・アクセス

場所
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1 法隆寺
参拝時間
8:00-16:30 [11/4-2/21]

交通アクセス

公共交通機関で

JR法隆寺駅からバス「法隆寺門前」行き、法隆寺門前下車


料金

西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通 大人1500円、小学生750円。詳しい情報は聖徳宗総本山 法隆寺ホームページにてご確認ください。

法隆寺の初詣クチコミ

法隆寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの初詣クチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-12-03 15:31:20

広告を非表示にするには