2020きほく燈籠祭

にせんにじゅうきほくとうろうまつり

2020年の花火大会は、諸事情により中止が発表されました。詳しくは公式ホームページをご覧ください。※当サイトに掲載している情報は昨年以前のものとなります。

巨大燈籠と花火が織りなす光の一大ファンタジー

1928(昭和3)年、川開き行事として数百羽の都鳥型の燈籠を流したのがはじまりの「きほく燈籠祭」。今年の大燈籠は地元の子どもたちのヒーロー「KIHOKU戦隊アババイン」を制作する。子どもからお年寄りまでが携わり、たくさんの思いを込め、数ヶ月にわたり制作される巨大燈籠は、高さ6.8mを超える。また闇夜に打上げられる約3000発の花火は、大音響で迫力満点!特殊な地形が生みだす花火「彩雲孔雀」(孔雀が羽を広げたような扇形の花火)はここならではのもので、花火と燈籠の競演は必見だ。

2020きほく燈籠祭写真1
2020きほく燈籠祭写真2

2020きほく燈籠祭は三重県内10位の人気の高い花火大会です。

花火打上情報

花火打上日
【中止】
週間天気を調べる
打上数
約3000発
打上数ランキング
例年の人出
約3万5000人
人出数ランキング
人気度
三重県内で10位
花火人気ランキング

※トイレは3ヶ所。

詳しいお問合せはきほく燈籠祭ホームページにてご確認ください。

会場へのアクセス・周辺地図

場所
三重県北牟婁郡紀北町長島 長島港

JR紀勢本線紀伊長島駅から徒歩15分(紀北町内各所から会場までの無料シャトルバスあり)


お車でお越しの方

紀勢自動車道紀伊長島ICから国道42号を長島港方面へ車で4km。<無料>駐車場あり(800台)。

※会場周辺の交通規制:あり(19:00~、町内)

2020きほく燈籠祭の写真3
2020きほく燈籠祭の写真4

2020きほく燈籠祭のクチコミ

総合評価:3.4点★★★☆☆(5件)

「花火大好き」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-07-17

一言で言えば「最高」でした。
量より質という言葉がピッタリな花火内容でした。
これでもか‼︎これでもか‼︎という豪華なフィナーレのような花火が続き感動の連続でした。
メインの「彩雲孔雀」はあんなスゴイものは初めて見ました。
ここは花火と見るところが近いのも特徴だと思います。
近いので迫力があります。
圧巻‼︎ヤバイ‼︎
携帯のカメラで全てを収めるのが難しいくらい近いです。
全体の写真を撮るためか?終了後に山から下りるたくさんの車の列が見えました。
花火好きで大きな花火大会も行ったことありますが、今までで一番良かったです。
大穴の花火大会だと思います(^^)

「偽物」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2017-07-23

祭の中心は燈籠だと思うけど、燈籠が貧弱で少なすぎ。
昨年の人出5万人は嘘だろう。
花火が始まって20分で人がどんどん帰って行った。
予算が無いなら花火を削ればいい、スターマインは何処でも見られる。
燈籠をもっと増やして湾内を動き回れば、『三重のねぶた』になれるのに、残念。


クチコミを投稿する

花火大会を見た感想や大会の混雑情報、評判、オススメの穴場情報その他「花火大会のクチコミ」を募集しています。あなたの花火大会クチコミお待ちしております!

花火大会の投稿写真

2020きほく燈籠祭の様子など「思い出に残る花火・夏の写真」を、こちらで募集しております。もちろん他の花火や夏祭りの写真も可!たくさんの投稿お待ちしております!

最終更新日時:2020-04-10 13:58:38