新潟県の花火大会人気ランキング

新潟県の花火大会人気ランキングを発表!新潟県で最も人気のある花火大会は!?

1位 長岡まつり大花火大会

長岡まつり大花火大会

1879(明治12)年、地元の神社の秋祭りで花火大会を打上げたのが長岡の花火大会の始まりと言われており、戦争による中止を乗り越え1947(昭和22)年に花火大会は復活を果たした。2004(平成16)年に新潟県中越大震災に見舞われるが翌年から復興祈願花火フェニックスの打上げを開始している。長岡空襲で亡くなった方々への慰霊と復興に尽力した先人への感謝、恒久平和への願いなど、度重なる苦難を乗り越えてきた長岡市民の特別な想いが込められている花火大会。数えきれない尺玉で光輝燦然となる長岡の夜空を利目相待!

開催日:2024年8月2日・3日
場所:新潟県長岡市

2位 ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

「川の長岡」「山の片貝」「海の柏崎」の「越後三大花火」のひとつとして数えられる人気の花火大会で、豪華なラインナップとスケールの大きさには定評がある。日本海に向けて、斜めに構えた筒から打ち込む花火が水面に光の弧を描く「海中空スターマイン」や、柏崎でしか見ることができない尺玉100連発一斉打上げなど、広大な打上げ会場を最大限に活用した花火が次々と打上げられ、その花火の迫力・美しさは見るものすべてを魅了する。

開催日:2024年7月26日(金)
場所:新潟県柏崎市中央海岸・みなとまち海浜公園

3位 第11回阿賀野川あきはなびまつり2023~繋ぐ~

第11回阿賀野川あきはなびまつり2023~繋ぐ~

雄大な阿賀野川の河畔で繰り広げられる花火祭り。メイン会場となる「阿賀野川水辺プラザ」から、花火が秋の澄んだ空をめがけて勢いよく花火を打ち上げる予定。阿賀野川の上空を彩る思いのこもったメッセージ花火は、秋葉区の秋の風物詩。心が和む温かい演出を初秋の夜風を感じながら楽しんで。今年は、会場近辺に無料駐車場はございません。観覧会場駐車場、金屋球場駐車場のご利用は事前にご協賛いただいた方のみとなっております。

4位 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火(片貝まつり)

浅原神社秋季例大祭奉納大煙火(片貝まつり)

「浅原神社秋季例大祭」の花火大会。江戸時代からの歴史があり、1891(明治24)年に三尺玉を4発打上げたところから「三尺玉発祥の地」ともいわれている。見どころは、何といっても世界最大といわれる「四尺玉」。開いた時の大きさは、直径800m。大輪の花が空いっぱいに輝き、その醍醐味が十分に実感できる。2日目14:00には、こちらも迫力満点の三尺玉が1発打上げられる。明るい空に打上げられる花火は、ハッキリと色がついたスモークが特色。夜の花火とはまた違った趣を見せてくれる。

開催日:2024年9月13日・14日
場所:新潟県小千谷市片貝町三之町

5位 新潟まつり花火大会

新潟まつり花火大会

8月9日から11日の3日間にわたり開催される新潟まつりは、新潟を代表する夏の風物詩。そのフィナーレを飾る花火大会では、音楽花火や、迫力満点のワイドスターマインなどが観客を楽しませる。バーチャル・シンガーとして世界中で人気を集めている「初音ミク」とのコラボレーションも見もの。日本一長い川として知られている信濃川を舞台に、都心部で音楽と花火が華やかに共演する優美な景観をお楽しみに。なお、花火大会は最終日の11日のみ、初音ミクのプログラムは新潟まつりホームページにて要確認。

開催日:2024年8月11日(日)
場所:新潟県新潟市中央区信濃川下流域「やすらぎ堤」

そのほかの人気の花火大会

このほかにも、関川に響く祇園囃子と夜空に舞う花火の競演「上越まつり大花火大会(直江津地区)」など新潟県内には人気の花火大会はたくさん!開催情報や地図・交通アクセスなどチェックして花火大会に出かけよう!

ランキング集計期間:2019年5月1日~2023年12月31日までのアクセス数
最終更新日時:2024-07-22 11:21:23